Q&A(普段のお手入れは?エアコン・洗濯機編)

お客様の前でサービスを行っていますと、よく「普段のお手入れはどうすればよろしいですか?」とか、「どうやったら汚れなくなりますか?」などのご質問を頂きます。

そこで私なりに、独断と偏見が混じっているかもしれませんが、ハウスクリーニング後の汚れの対策や注意点などを書いてみたいと思います。

汚れを安全に除去しやすいハウスケアグッツについても色々ございますのでご相談ください。近年、次世代型洗剤の研究が盛んで、一昔前の「安全=落ちない」といった常識が覆されてきております。お客様自身でできるプロのハウスクリーニングの分野が増えてきており、10年前の事業者の常識が全く通用しない状況となってきております。まさに、ハウスクリーニングは成熟期を迎え、サービスの再定義が必要な状況となってきているのです。

当社では長年研究を行う事っており、お得意様には情報や製品・使い方などをご提供させて頂いております。お客様自身でできるクリーニングはお客様自身で行う事で、プロにしかできない作業に絞ってサービスのご依頼を行って頂く事が可能となり、限られたご予算を有効に配分できるようになってきております。

私達のお客様は、ハウスケアグッツによって非常に得をされております。

又、汚れの除去が手遅れとなる、リフォームや買い替えのリスクを抑えるためにも予防は重要です。

まず、鹿児島という地理的条件から見ると、以下の2点に特に注意する必要があります。

鹿児島で特に注意が必要な汚れ

  • 水垢:火山地帯特有の、日本国内でナンバー1クラスの水垢が付きます。特に長期間かけて地層のように固く堆積した水垢は、熟練したプロでも除去が非常に困難になります。
  • カビ汚れ:日本本土で最南端に位置する鹿児島は、高温多湿で非常にカビが生えやすい環境です。カビは素材の変色や人体の健康にリスクが高く、カビが体の中で繁殖する真菌症の原因となります。

 

予防のキーポイント:どのような汚れも、ついたばかりの新しい汚れは取れやすい!

 

それでは各サービスカ所毎に対策を見てみましょう。

エアコンの汚れ予防

鹿児島の場合、他県と比べ高温多湿となりますのでカビの被害が多く出てきます。従って、多くのお客様がカビについて多くの問題を抱えております。夏場は革製品や畳、天井、押し入れにまでカビが生えてしまうのです。

エアコンについても例外ではなく、他県の常識が通用しない問題があり、ご自宅の衛生環境面にとって非常に重要な機能面を担っております。

カビは人体にとっての健康リスクが非常に高いもので、軽症であれば夏過敏症や気管支炎、重症化すると肺炎や真菌症などの原因物質となります。また、カビは多くの種類がありますが、その中には自然界で存在する中でトップクラスの発がん性物質を作り出す事が確認されている種類もあるのです。

又、経験上、室内でペットを飼われているお宅や、飲食系のお店のエアコン内のカビ汚れは十中八九かなりきつくなってきますので注意が必要です。

エアコンに求められる機能は下記となります。

  • 適正な温度と湿度管理(ご自宅の快適性とカビの繁殖抑制)
  • 衛生的な空調機能による人体への健康リスク軽減

エアコンは湿度と温度が上がるほど、エアコン使用時に生産される水の量が増えてきます。カビはその水と空気中のホコリや有機物、プラスチックを餌とし繁殖していきます。又、キッチンに近いリビングなどにあるエアコンは、使用頻度が高いうえに最高出力モデルであることが多く、レンジフードの排煙機能低下などの影響により油煙を吸引しやすく、付着した油を餌にさらにカビにとっては繁殖しやすい環境となります。

エアコンが汚れると起こる症状は下記となります。

  • 効きが悪くなる。(冷えない。効かないのは故障)
  • 電気代の上昇。
  • 寿命低下

対策:エアコンは家電製品でありますので、お客様ができる事は限られてきます。無理に分解をして故障させてしまっては、最初からプロに頼めばよかったという事になりかねません。

これまでたくさんのお客様がご自身で長時間作業を行い、しかしながらカビを除去出来ず断念し、弊社へクリーニング依頼されるケースは非常に多いです。まさに労多く実りが少ないのが現状です。

ご自身でのエアコンクリーニングは以下となりがち。

  • 苦労(時間) > クオリティ
  • 金額抑える < 破損リスク(修理代高額)

お客様がされた方がいい対策は下記となります。

  • フィルターの清掃
  • エアコン使用後の乾燥運転
  • レンジフードや換気扇の清掃(排煙効率化によるエアコンの汚れ防止)

注意:市販の洗浄スプレー使用によるお客様自身のクリーニングは進めしません。破損リスクや残留洗剤の問題、はがれやすくなった残留洗剤が付いたカビの吸引などのリスクなど。

重要:カビ汚れが目立ってきたら、決して無理をせずプロに洗浄依頼をされるのが一番無難です。

洗濯機の汚れ予防

洗濯機も洗濯をするという機能面持っていますので、汚れは洗濯という面で害を及ぼしてきます。

洗濯機もいようしていると黒い汚れが洗濯ものに付着したりしてきます。この状況は汚れの最終状況でこうなってくると中は相当に汚れが蓄積しており、もはやお客様自身ではできる手立てはなく、プロにクリーニング依頼をお勧めします。

只、洗濯機の種類(日立の白い約束、斜めドラム式など)によってはそもそもプロでも分解クリーニングができない種類となり、もはや買い替えしか手段が残されていないお客様も多いのです。

そうなる前にやはりご自身でできる汚れ予防は非常に重要です。

(動画:えっこんなに汚れているの?洗濯槽内のカビ!閲覧注意!)

 


(動画:カビや雑菌で汚れていた洗濯槽内も除菌クリーニングでピカピカに)

洗濯槽内の汚れ種類は以下となります。小さなお子様が沢山いらっしゃるファミリー使用の場合、汚れがきつくなってきますので注意が必要です。数年使っているだけで洗濯槽の裏側はカビで真っ黒になります。

  • 石鹸カス
  • カビ
  • 水垢

対策:お客様より洗濯槽クリーニングをご依頼いただくケースで多いのが、洗濯物に黒い汚れが混じってくるというのが多いです。この黒い物体はカビ汚れです。カビ汚れですので水気と養分があると繁殖します。洗濯機を使わない時は可能な限り蓋を開け、中を乾燥させるように心がけましょう。

石鹸カスも結構溜まってきますが、これはカビや雑菌類の餌ですのでできる限り除去しておくのが望ましいです。洗濯機が新しい状態であったり、プロの洗濯槽クリーニングを終えたばかりの状態であれば、メーカーさんがご用意している洗濯槽クリーナーを定期的に使用し洗浄をする事である程度の汚れをつかなくする防汚効果があります。実際こまめに洗濯槽クリーナーを使用されてるお客様の汚れは非常に抑えられています。

注意:洗濯槽クリーナーは使用時期を誤ると、中途半端に剥げたカビ汚れが永遠と出てくることになります。使用を開始する時期は、汚れがついていない時期が適正であり、ついてしまった汚れを落とすものではないと覚えておきましょう。

汚れがついてしまった状況では残念ながらお客様で打つ手はありません。早めにプロにクリーニングをご依頼ください。洗濯槽の汚れは、裏側につきますのでお客様で汚れを確認する方法がありません。おおよそのクリーング目安は2~3年に1回ぐらいが望ましく、極端に汚れを放置した場合、残念ながらプロでも分解不可能tなるケースがありますのでご注意ください。気にされるお得意様は1年に1回定期的にクリーニングのご依頼を頂いておりますが、それは洗濯槽を外した際に真っ黒なカビ汚れを見て衝撃を受けたからだと思います。