Q&A(おそうじ本舗はどのお店も同じですか?)

こちらもよくお客様よりご質問頂くものですね。

  • おそうじ本舗はどのお店に頼んでも同じですか?(サービス面)
  • どのお店に頼んだらいいかわからない
  • などなど

フランチャイズ店として究極の質問ですね。表向きは、どのお店も同じサービスが受けられます。となっております。

しかし、もうそろそろちゃんと情報を公開していった方がいいと思いますので本質を書いてみます。

ちなみに私の会社で新人さんを雇用した場合、まず間違いなく100%下記の言葉が聞こえてきます。

  • こんなに難しいとは思わなかった。
  • 在宅ハウスクリーニングって大変なんですね。
  • お客様の前で緊張します。

在宅ハウスクリーニングのプロではない方々にとって、私達の仕事は簡単だと思ってしまうのです。これは、新人スタッフのみならずこの業界に入ってくる様々な同業者や、お客様が抱える潜在的ギャップと思います。

よくお客様がびっくりされ口にされる言葉は、

そんなに時間がかかるんですか?大変ですね!

清掃業界の中でもこの在宅ハウスクリーニングという分野はかなり特殊で、下記の能力が求められます。

  • 分譲住宅や分譲マンションに採用されている最先端のデリケートな素材の知識と取り扱い方
  • 職人技であるハウスクリーニング技術
  • 肉知的に健康
  • 最新の技術・機材類・洗剤類の知識と正しい使用方法
  • お客様の前で作業を行うショービジネス力
  • 営業力

では、開業したばかりの個人経営者がこれらの能力を有しているか?

答え:殆ど有していません。

上記能力の内、1~3個でも有していれば御の字ではないでしょうか。さらに上記能力の他、当然個人事業者も経営者ですので経営者としての能力を問われます。そして経営者の能力を磨かなければ、全ての面でつまずくでしょう。何故なら、経営の安定が無いのに先の長い投資などできないからです。

在宅ハウスクリーニング業で会社をやっていくのは、歌って良し。走ってよし。計算もできる。職人技もある。経営もできる。ぐらいのスーパーパーフェクトな人間を要求されます。

よく見かけるのは、経営が上手くなく、腕はいいけど最新技術や機材、薬剤、人に投資できずのような方が非常に多いです。しかしこれらの人は、長年の努力と経験があるので腕はいいのです。

特に最近は、機材や薬剤の発達が目まぐるしく、投資やチャレンジをしていないとすぐついていけなくなる業界でもあります。それと同じぐらいに年々メーカーさんが開発する建材類は、高機能かつメンテナンスが難しい非常にデリケートな素材が多くなってきており、今後もこの流れは変わらないでしょう。

10000時間の法則

ストックホルム大学のアンダース・エリクソン教授の超一流の条件である10000時間法則というのがありますね。その道の一流になるには一日8時間全力で休みなくやってもやはり最低4年ぐらいはかかるのでしょう。しかしながら我々が普通の凡人であると考えれば、さらに年数がかさむのは明白です。そしてこの法則の適用は在宅ハウスクリーニングも例外ではないと思います。

やはり、おそうじ本舗であっても違いがあるのか?

答え:あると言わざるを得ません。

売上による絶対的サービス数の違いと長年の経験値・失敗・問題解決数の蓄積。最新機材・薬剤・工法・素材などの投資と研究。人的リソースや人材育成能力からくる組織力。営業力やショーマンシップ能力。どれも一夜漬けでは蓄積できません。

当社の場合、母体の(株)ヒューマンライズは、長年消臭の研究を行っており、自社製品の開発などを行っており、アパホテル様や地場のホテル様、病院、介護施設、一般のお客様等様々なお客様に自社製品を使用していただいております。そのような消臭に関する実績があり、おそうじ本舗鹿児島西田店は非常に少ない空間除菌消臭の選任店にもなっているのです。

また、業務用エアコンやお掃除機能付きロボットエアコンでは3000台以上のクリーニング実績があります。やはりこういった面も一夜漬けでは成し遂げられないものなのです。