Q&A(普段のお手入れは?水回り換気扇 編)

お客様の前でサービスを行っていますと、よく「普段のお手入れはどうすればよろしいですか?」とか、「どうやったら汚れなくなりますか?」などのご質問を頂きます。

そこで私なりに、独断と偏見が混じっているかもしれませんが、ハウスクリーニング後の汚れの対策や注意点などを書いてみたいと思います。

汚れを安全に除去しやすいハウスケアグッツについても色々ございますのでご相談ください。近年、次世代型洗剤の研究が盛んで、一昔前の「安全=落ちない」といった常識が覆されてきております。お客様自身でできるプロのハウスクリーニングの分野が増えてきており、10年前の事業者の常識が全く通用しない状況となってきております。まさに、ハウスクリーニングは成熟期を迎え、サービスの再定義が必要な状況となってきているのです。

当社では長年研究を行う事っており、お得意様には情報や製品・使い方などをご提供させて頂いております。お客様自身でできるクリーニングはお客様自身で行う事で、プロにしかできない作業に絞ってサービスのご依頼を行って頂く事が可能となり、限られたご予算を有効に配分できるようになってきております。

私達のお客様は、ハウスケアグッツによって非常に得をされております。

又、汚れの除去が手遅れとなる、リフォームや買い替えのリスクを抑えるためにも予防は重要です。

まず、鹿児島という地理的条件から見ると、以下の2点に特に注意する必要があります。

鹿児島で特に注意が必要な汚れ

  • 水垢:火山地帯特有の、日本国内でナンバー1クラスの水垢が付きます。特に長期間かけて地層のように固く堆積した水垢は、熟練したプロでも除去が非常に困難になります。
  • カビ汚れ:日本本土で最南端に位置する鹿児島は、高温多湿で非常にカビが生えやすい環境です。カビは素材の変色や人体の健康にリスクが高く、カビが体の中で繁殖する真菌症の原因となります。

 

予防のキーポイント:どのような汚れも、ついたばかりの新しい汚れは取れやすい!

 

それでは各サービスカ所毎に対策を見てみましょう。

浴室の汚れ予防

鹿児島の強烈な水垢と、近年のメーカーさんが作るデリケートな素材は非常に相性が悪く、水垢を堆積させると素材が傷むため除去が難しく、リフォームが必要なレベルまで追い込まれるお客様もいらっしゃいます。家の中で特にこの浴室だけは汚れを予防するメリットが非常に高いです。

そして、カビ汚れにより変色を起こすケースが非常に多く、ゴムパッキンだけではなく壁面や天井のプラスチックパネルですら変色してしまうケースがあります。

対策:使い終わった浴室内の水滴を全て拭き上げる。これが水垢やカビ汚れに対し非常に効果的で、使用年数から見てもびっくりするぐらいきれいなお客様もいらっしゃいます。そして使わないときは風通しを良くするためにドアを開放する。特に湿気を取るだけでカビは繁殖しにくくなりますのでおススメです。

又、カビや排水口のヌメリ・臭いを予防する事ができる安全な除菌クリーナーもありますのでご相談ください。

経験上、他県では通用する水垢落としなどの方法は、鹿児島ではほとんど通用しませんので注意が必要です。私はやはりつかなくする予防をお勧めします。お客様自身の対処療法や未熟な業者のサービスで浴室の鏡やその他の素材がボロボロに傷んでしまっているお客様は非常に多いです。鹿児島の水垢を堆積させてしまった場合、ほぼ100%お客様自身で除去するのは不可能です。浴室を傷だらけにしてしまう前に早めに「実績のあるプロ」のハウスクリーニングをご検討ください。

※実績の少ない業者に浴室クリーニングを依頼されると、浴室が傷だらけになったり変色してしまうケースが非常に多いです。傷がついた場合復元する方法はございますのでご相談ください。

また、汚れ予防の為に定期清掃をご利用頂いたり、汚れ防止用のコーティングなどもおススメです。

素材鹿児島では最近はやりの茶色や黒などの濃い色や、人工大理石系浴槽、水はけのよいカラリ床・カラット床などはおススメではありません。これらで水垢除去困難となってしまい困られているお客様は非常に多いです。色目につきましては白系の素材が水垢が目立ちにくくお勧めです。

鹿児島ではご自宅内で一番重要なのは浴室であり、浴室の衛生面だけは十分に配慮をお願いいたします。

トイレと洗面所の汚れ予防

浴室同様、水垢の被害を受けやすい箇所です。

トイレと洗面所は、以前は陶器素材が主流でしたが、現在は樹脂系のものや人工大理石素材が増えてきています。陶器の場合はある程度こすっても問題ないのですが、洗面ボウルや水栓タンクに樹脂や塗装されたホーローや樹脂系のようなデリケートな素材が使われている場合、水垢などを溜めてしまうとプロでも傷をつけずに除去する事が困難となります。

対策:そこで汚れを溜めない予防が重要となりますが、早めに洗剤で汚れを取り、細目に水気を拭き取ることで水垢を付きにくくすることが効果的です。

便器の場合も使っていると汚れてきます。便器内の汚れは水垢の他、尿石というアンモニア臭さがある石質系の汚れが付着します。ここはこまめに拭き上げる事が困難な為、普段から洗剤とブラシでよくこすり、水垢や尿石がまだ堆積する前の柔らかい状態で落としていくことがお勧めです。

又、汚れが手に負えない場合は決して無理はせず、私共に早めにご相談ください。

注意:最近トイレがおしっこ臭い!

この場合、尿石から臭いが発生している場合が多いです。又、おしっこ臭は市販の消臭剤やハウスクリーニング業者でも消臭が難しいのでを。アンモニア系の消臭ついては私共はプロですのでご相談ください。

キッチンの汚れ予防

キッチンには油汚れ、焦げ付き、カビ汚れ、水垢など様々な汚れが部分毎についてきます。又、食品を扱うため、食中毒やノロウイルス予防の観点からご自宅の中で最も除菌に配慮すべきカ所となります。

汚れ焦げ付きは、堆積するとお客様での除去が難しい為、日々のお手入れが重要です。可能な限りその日の汚れはその日に除去をするよう心掛けてください。

ゴムパッキンのカビは放置すると素材の変色につながる為予防が肝心です。また、人体にとって口に入ると毒性の高い汚れですのでご注意下さい。お手入れでは除菌剤を使うことで予防が可能です。安全で効果的な除菌クリーナーについてはご相談ください。

ステンレスシンクなどの水回りの水垢についてはやはり鹿児島という特性上、堆積した水垢の除去は市販の水垢除去剤を使用してもお客様では困難となります。浴室や洗面所などと同様に水垢がついてしまう前に予防する事が重要ですので、使用後は乾拭きを行い水気を取って乾燥させてください。

キッチントッププレートや収納庫、排水口などについては無添加の除菌クリーナーがお勧めです。無添加の為、菌類の餌となる洗剤成分を残す事なく除菌をすることが可能で、同時に消臭も出来ます。まな板の除菌や冷蔵庫、魚焼き機内の除菌も安全に行う事が可能です。お勧めの除菌クリーナーについてはご相談ください。

レンジフードの汚れ予防

レンジフードの汚れはしつこい油汚れ!

レンジフードは他の部分に比べ油煙などの排煙・換気といった機能面を持った部分となりますので、美観や衛生面といった他の部分に求められる側面より多い面を求められます。

レンジフードや換気扇の汚れの影響は、排煙不足というご自宅に備わった機能の低下を引き起こし、キッチン回りだけではなく、ダイニングやリビングなどの壁紙や天井・棚類などの油汚れを促進し、そこに設置されているエアコンまでも油煙の被害を受け、油を餌とするカビの猛烈な被害を引き起こしたりしてきます。健康面でも問題なのです。

その意味でも、レンジフードの日常のお手入れは重要なものとなります。

対策:油汚れも初期の段階では取れやすいですが、長年堆積してくると家庭用洗剤では手に負えなくなってきます。ここも予防が肝心です。

おススメは、フィルターを交換フィルターへ変更し、汚れたフィルターを細目に取り換えていくことです。これで驚くほど汚れが少なくなっているお客様がいらっしゃいます。

フィルターより手前の部分は安全な無添加除菌クリーナーを使う事で、塗装を傷めることなく油汚れを安全に除去する事が可能です。

上記ハウスケア製品について、その使い方などはお気軽にご相談ください

 

 

 

2019年1月 東俣町に本社移転! 全国優秀賞受賞店

鹿児島市や川内市、姶良市、日置市、串木野市にお住まいでハウスクリーニングやおそうじ、家事代行にお悩みのお客様はお気軽にご相談下さい。男女スタッフが全力で対応いたします!

優秀賞とは?

◆株式会社ヒューマンライズ HP:http://hl.osouji-kagoshima.jp/

◆おそうじ本舗 鹿児島西田店 TEL:0120-927-429

お問い合わせ