Q&A(独立開業編)

Q:開業したいのですが?

A:やるべきか?やらざるべきか?

たまに独立開業を志す方からお電話を頂くケースがあります。

事実、広い世の中にはブランドに関わらず、廃業破産、中には自殺など、又は売り上げが伸びずに悶々としている方々があまりにも多いです。中でも破産自殺は、私自身先輩として仲間に対し何かしてやれなかったのかとずっと後悔の念に駆られ続けるものです。

そして、このような方々全てに共通する点は、適切な方に適切な相談がタイムリーに出来ず情報収集能力が極めて低いとしか言いようがない点です。所詮同じブランド内であっても、店舗同士競争しあっているので相談しにくい面もあると思いますが、人間の生死や事業の廃業に係る問題であればどんどん相談すべきだと思います。とにかく生き残れば次のチャンスに巡り合える可能性が有るからです。

これを書き始めた動機は、少しでも事前に知る事により上記のような、開業初期の段階で人間の生死や事業の廃業を少しでも防ぐことができればと思いで書いています。

お前みたいなひよっこが偉そうな事を書くなよ!と言われる方は見なくていいと思いますよ。

 

おそうじ本舗とは、もともとは自宅で気軽に独立開業できる個人事業タイプのビジネスモデルです。個人事業といえば、「最低限の資本で会社や箱は作らず人も雇わず」のような感じでしょうか。

実際私も、7年前に博多から移住し1Kのマンションで開業しました。当時は設備投資が終わった段階で手持ち資金30万円(一か月分の資金量)、全くつてが無く、殆ど素人同然で開業しました。(バカですね笑)

最初の一年は、夜の十一時まで飛び込み訪問、そこから朝4時までポスティング。2時間制服のまま寝てサービスのような、今考えれば冗談のような笑える生活でしたね。(笑)

このような生活をして、3カ月目には売上が月100万円オーバーを達成できていました。全くの奇跡です。

そして従業員を雇ったりで3年で事務所を開設し4年目には法人化し現在に至ります。

これを読んでいるあなた。なーんだ月100万円ぐらい簡単に稼げるのか!と思いませんでしたか?

実際メチャクチャ大変です。

 

資金はいくらぐらい必要?

これは非常に重要な問題です。

おおよその開業時にかかる費用の内訳は下記のような感じです。

  • 契約関係
  • 設備資金
  • ランニングコスト3か月分

私は設備投資が完了し、よーいスタート!と事業を開始した時点で30万円しかなかったということになりますね。(笑)

言っておきますが、皆さんはこんなバカなことをやってはいけません。絶対に立ち上げ初期で資金ショートし廃業することになります。ではランニングとコストとはどのくらいなのか?

(ランニングコスト内訳)

  • 月に必要な事業経費
  • 代表者の人件費
  • 借入金の返済
  • 消費税積立(小規模事業者の納税義務の免除などがあります。調べてください。)

ざっくり上記のような感じではないでしょうか。月に必要な事業経費は自分で計算できますよね。人件費は家族構成が多ければ高くなりますが、私のように一人で立ちあげれば私一人食べる分あれば十分であり、従って必要な人件費は代表者により増減するわけです。

ざっくりとランニングコストを考えれば、一般的には下記のようになると思います。後は自身の係数を元に計算してください。またランニングコストはそのまま事業における粗利の損益分岐点になりますので十分計算し予測しておく必要があります。

●ランニングコスト:50万円~70万円程度 = 損益分岐点/月

上記の通り、全て計算を行えばある程度の初期費用が算出できるので、自分でやってみてください。実は上記計算がまともにできない方が多く、開業ご数カ月で破産という残念な方は結構いますのでご注意を。

 

事業計画書作成

上記の通り必要な開業資金が明らかになったら、実際に事業計画書を練ってみましょう。初期費用の主要取引先や仕入れ先など、自分のビジネスを理解度を高める事ができる要素があります。

出来れば、事業計画書を作成し、自分の考えに基づき作成された物が世の中で通用する物なのかを第3者のプロに確認をしてもらうのが一番いいと思います。銀行や税理士は、自身でビジネスを成功させる能力はないですが、統計上この様な人間や会社は廃業倒産しやすいという目安(定性データと定量データ)を持っています。自分には不足する能力をこの様なプロの能力を使うことで、より確からしいという事業計画書を作る事ができるのではないでしょうか。

 

銀行の融資

先ず、事業を継続的に行っていくうえで、銀行との付き合いが上手でなければ資金調達が出来ず事業は発展しにくいと思います。自己資本が多い資産家は別とし、大部分の方は自己資本は少ないと思います。500万円などはあっさりと吹き飛ぶのが事業です。

この点を理解し、思い切って銀行から融資を受けるのがお勧めです。大丈夫!まず銀行は、駄目だと思ったら貸しませんから安心してください。リスクを最も嫌がるのが銀行ですから。あなたやビジネスモデルに魅力が無ければ終了です。

ゆくゆくつは、つなぎ融資など新規では難しい融資も受けやすくなったりします。新規融資であれば、3期分の黒字決算書が必要です。今からご準備を。

又、社長業とは常に問題解決業です。営業を行ったり、人を雇用したり、ビジネスプランを立てたり、資金調達したりとなんでも出来なければなりません。はっきり言えば、銀行融資を行えない社長は社長ではありません。資金調達という問題を解決できない人間の為、開業後に非常に苦労するパターンに陥りやすいと思います。社長というのは、不測の事態に備えこの資金を調達し、倒産しないように余剰金を作ることが常に求められるからです。

その意味においても、銀行との付き合いを早めに開始し、世の中の事情に精通したり慣れておくのは有益です。社長として自分のビジネスに投資してくれるかチャレンジしてみてください。

開業後も、他社からの厳しい審査が入りますのでうかうかできません。返済努力=会社の発展となりますので、初期の一番大事な時期の成長の起爆剤になりえます。この初期成長期を逃した社長は、売上の低迷が続き脱却が難しいです。

社長業に向いている人。向かない人。

社長業は問題解決業です。私も少ないながら開業以来、数々の問題を発掘し、解決プランを練り、解決に向けて全ての能力を使ってきました。その点でも最低限下記の能力が問われます。

  • 問題に気づけるか?(サービス、社会情勢、売上、営業、人材、リスク、トラブル、ビジョン、財務、情報収集などなど全部です)
  • 問題の重要度、優劣を判断出来るか?(最優先、後回し)
  • 問題解決策を見出すことができるか?
  • 問題解決に向けて、スタッフや銀行、他社と取り組む情熱やプレゼン能力があるか?
  • 問題解決に向けて継続できる能力があるか?

上記能力が無ければ、一人親方の個人商店が向いています。売り上げは社長の個人の時間と能力分に限定されますので、現在の社会情勢も考えると継続性が乏しい為独立はあまりお勧めできません。社長が病気になったり不測の事態に陥れば廃業に繋がります。

開業してからは早速売上という問題解決を求められます。そして思いのほかお金が残らない事実に気づきます。そして利益率について考えたり、サービスについて考えたり、サービス力について考えたり、スタッフをの雇用について考えたりとずっと毎日数珠繋ぎに問題解決に取り組みます。苦手だ!やりたくないと!思う人は間違いなく向いていません。

又、在宅ハウスクリーニング業という特性上、体が強く、さらに職人性やショーマンシップが求められるため、まさしく社長的特性と職人的特性の両方が求められる過酷なものになります。

(在宅ハウスクリーニングの社長業に向いている人)

  • 社長業的要素がある
  • 体が強く職人的要素がある(最低3年しなければ技術力は伴わない。その後も技術を磨く)
  • ショーマンシップが備わっている
  • 自分で決め、自分で行動し、自分で結果を出す

上記の通り、まさしく歌って踊れる!さらには空を飛べる!ぐらいの要素が必要となるわけです。たかがお掃除なので新規参入組が多い中、やはりうまくいっている店舗が圧倒的に少ない原因はここではないでしょうか。

又、フランチャイズに入ればどんどん顧客を紹介してもらえると考えている新規オーナーが非常に多いです。現実的にはどこまで行っても自身と会社の営業力を磨かなければ発展は非常に難しいです。この能力も上記社長的要素に入っている為、自信が無い方は独立をお勧めできません。

最後に

独立とは全て自己責任で孤独です。いくら頑張っても運が悪い人や、人の話を聞かない方々は本当に向いていません。前向きな情熱で運すら味方につけ、敵をも味方にできるような人が望ましいのではないでしょうか。

又、2019年の消費税10%への増税に伴い、2023年10月1日からのインボイス制度により従来からの個人事業主の消費税免税特権が廃止される予定です。個人事業主にとっては税分の益金が無くなるために非常に不利(社会的には正常)な方向へ動いております。現在と同じことをしても減収減益の要素が強く、法人化の志が無い人にとってはこれからは厳しい時代に突入するでしょう。

この様な社会情勢の変化も、開業前に常に情報収集し検討材料にしてください。

しかしながら、世の中には厳しい状況でも人材育成を行い、結果を出し、会社を成長させ国に貢献されている方々もいらっしゃるのも事実です。この様な会社は業界などでTOP 3%に入る会社でしょう。おそうじ本舗の中でも小さいながらこの世の中の構図が当てはまるでしょう。

そのような厳しい現実を受け止め、尚且つ負けない志を持てる方はどんどんチャレンジしてもいいのではないでしょうか。

 

 

2019年1月 東俣町に本社移転! 全国優秀賞受賞店

鹿児島市や川内市、姶良市、日置市、串木野市にお住まいでハウスクリーニングやおそうじ、家事代行にお悩みのお客様はお気軽にご相談下さい。男女スタッフが全力で対応いたします!

優秀賞とは?

◆株式会社ヒューマンライズ HP:http://hl.osouji-kagoshima.jp/

◆おそうじ本舗 鹿児島西田店 TEL:0120-927-429

お問い合わせ